akuma-13a
akuma-17-777-aki
世田谷一家惨殺事件の被害者
setagaya-zansatu-jiken

ー 不可解極まる !!!!!!! ー
ー 世田谷一家 惨殺 !!!!!!! ー
ー 残虐極まる !!!!!!! ー
ー 家族全員 皆殺し 事件 !!! ー



・・・ あれから もう 2 0 年 にも ・・・


・・・ この 残 虐 極 ま る 殺 人 事 件 は ・・・

・・・ ニセ皇室が !!!!!!! ・・・

ー 超 極秘に !!!!!!! ー

ー 密命し !!!!!!! ー

その悪業の手足の

6 6 6 の 悪 魔 勢 力 = 創 禍 Xx 怪 が 御 膳 立 て し た !!!!!!!

・・・ 前例の無いほど ・・・

・・・ 超 残 虐 な !!!!!!! ・・・

・・・ 一 家 皆 殺 し の 殺 人 事 件 との こと ・・・

・・・ 世 田 谷 一 家 惨 殺 事 件 !!!!!!! ・・・

事件の被害者の女性の

旧姓は 入江 !!!!!!!

入江相政氏の 娘 !!!!!!!

被害者女性は

何と 何と !!!!!!! 

ー 秋篠宮と !!! ー

ー 異母兄弟姉妹 !!!!!!! ー

ニセ皇室の

絶対に

隠さねばならない

秘密を !!!!!!!

絶対に

口外するな との

残虐極まる !!!!!!!

脅迫そのもの !!!!!!!



2000年 大晦日、
 
東京都世田谷区上祖師谷で

会社員、宮澤みきおさん(当時44)、
妻の泰子さん(同41)、
長女にいなちゃん(同8)、
礼君(同6)が変わり果てた姿で2000年大晦日に発見されてから 2 0 年になる。

ー 中 略 ー

 事件発生時、現場に駆け付けた捜査一課元幹部によると、「現場は宝(物証)の山で、解決はそう遠くないと誰もが思った」という。

 みきおさんの死因は「胸部刺創による心・大動脈損傷に基づく失血死」。

 前頭部、顔面、胸部、左右上腕、左太股などに無数の切創群があり、文字通り、メッタ刺しの状態だった。

 みきおさんの頭後部に、先端が折れた「関孫六(銀寿)」の柳刃包丁の残片が突き刺さった形で発見された。

 メッタ刺しの遺体北側には、みきおさんの動脈から噴出したとみられるB型の飛泡血痕が付着した段ボール箱が遺体を覆い隠すように置いてあった。

 その表面には頭毛をかたどった血痕がべったりと残されていたことから、みきおさんが力尽きて倒れたその場所にあった段ボールを犯人が後に移動させたとみられている。

 みきおさんの殺害状況について当初、捜査本部内でも見方が分かれた。

「みきおさんは2階にいて犯人と鉢合わせして刺され、階段下へ突き落とされたのではないかという見方が当初、あった。しかし、みきおさんは太股を下から上にかけて刺されていた。これは犯人が2階から下りていき、1階でみきおさんを襲ったことを物語っている。みきおさんのスリッパは階段途中で脱げていたが、2階へ逃げようとしたみきおさんを犯人が後ろから刺したとみられます」(成城署捜査本部元捜査員)

 浴室とトイレの間にある2階の廊下では、泰子さんとにいなちゃんの遺体が重なり合うように倒れていた。

 泰子さんの直接の死因は「心タンポナーゼおよび出血性ショック」となっている。解剖医の解説によると、これは泰子さんに向けられた刃が心臓を覆う心膜を貫き、心臓まで達したため、心膜腔内に320ミリリットルもの血液がたまり、鼓動を止めてしまった状態を示すという。

 だが、その遺体に残った無数の傷は犯人に刺されても刺されても、娘を守ろうと最後まで必死に戦い、力尽きた姿を浮き彫りにしていた。

 泰子さんの頭部、顔面、頸部、背中、右左上肢には無数の切創、擦過、打撲痕があった。

 血痕から犯人は、みきおさんをメッタ刺しにして先端が折れた関孫六の包丁を持って3階のロフト(屋根裏部屋)に上がり込み、ここで寝ていた泰子さん、にいなちゃんをいきなり刺したとみられている。

「その後、犯人はいったん、ロフトの梯を下り、2階の台所にあった洋包丁を取りに行った。この隙に泰子さんは傷口から血を流しながら、にいなちゃんを抱え、ロフトの梯子を下り、逃げようとした。梯子の周囲には泰子さんの血が真っすぐ滴り落ちた痕が多数、残っていた。これに気付いた犯人が阻止しようと洋包丁でトドメを刺したと思われます」(警視庁捜査一課元捜査員) 

 最後まで生きていたのはにいなちゃんとされる。泰子さんの体内から流れ出てゼラチン状に凝固した血の海の中で、正座したような格好のまま、うつぶせで死亡していた。

 にいなちゃんの死因は「後頭部刺創による頸髄損傷」となっているが、解剖所見では頭蓋骨に硬膜下出血、外傷性くも膜下出血の跡があること、上顎左から1本目と下顎右から3本目の歯がそれぞれ欠損していたことが記されていた。硬膜、くも膜下出血は生存中でなければ、血腫が鮮明に現れない。

 それゆえに、これらの傷跡はまだ生存中、犯人から逃れようとしたにいなちゃんが殴打されるなどして歯を折られたことを物語っていた。

 さらに犯人はにいなちゃんの首の後ろから洋包丁で頸髄、甲状腺、食道までを貫き、殺害したとみられている。

 そして礼君は2階の子供部屋のベッドの上でうつぶせのまま、死亡していた。

 礼君の死因は「頸部圧迫による窒息死」で、その首筋には左側に3点、右側に1点の内出血痕があったことが捜査報告書には記されていた。

中略

 平成最後の大晦日を迎え、節子さんはこう訴える。

「犯人は誰なのか。なぜ、幼い子供たちの命まで奪ったのか。私が生きている間に真相が知りたいです」

(AERA dot.編集部 森下香枝)
 
ー 以上は インターネット上の記事から ー

この事件は 天の恩寵の国 = 日本の 恥部を晒す事件 !!!!!!!

ー 八戸のカタさんの推測が おおいに 参考になる事件 ー

ー 被害者の女性は 宮内庁幹部職員だった人物の親族 !!! ー

ー 入江相政氏の娘 !!!!!!! ー

ー 天の全能の神様が !!!!!!! ー

事件の隠れた黒幕を 厳粛に裁かれます事を !!!

ー 事件の背景と !!! ー

ー 隠された意図は !!! ー

ー 明々白々 !!!!!!! ー

Ave Ave Ave Maria Ave Crux


seibo-1-1-.No.1-
seibo-1-1-1
Ave Ave Ave Maria Ave Crux