本日、2015年にノーベル医学・生理学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授の会見があり、約40年前に開発した薬イベルメクチンが新型コロナウイルスに有効であるとの期待を示しました。

って、超、嬉しいです!
嬉しすぎて挨拶が遅れてしまいましたが、こんにちは、塩の山の三枝クララです。
今日、大村特別名誉教授の会見があり、本当に嬉しいです!

少し前に、イベルメクチンが、新型コロナウイルスの治療薬として期待できるという事を聞いた日、パア~って、私クララの心に光が差しました。

それまで、世間はバカの一つ覚えのようにアビガン、アビガンって、
アビガンという言葉を聞くだけで、私の胸の奥が暗くギュって緊張して、夫にも、もし私が新型コロナウイルスで入院するような事があっても、絶対にアビガンは使わないでとお願いしていました。

世間はアビガン信者ばかりで、私の胸はギュって緊張したままでしたが、先月かな、初めてこのイベルメクチンのことを聞いた時の喜びは、大村教授が私と同県の人としてノーベル賞をとった時とは比べものにならないくらい嬉しかったです。

大村智特別栄誉教授、本当にありがとうございます。

今日の会見もテレビ電話でもよかったのに、そうでなかったというのは、教授の思いの現れだと思うのですが、最近は暗いニュースばかりで、やっと明るいニュースが聞けました。

と言っても、このイベルメクチンの材料をこれまで中国にたよってきたということなので、国内に供給体制をつくらなければならないという課題があるそうですが、

イルメクチンに限らず、これから日本は、中国への依存体質から脱却しなくてはならないので、やっぱ、そういう意味でも、イベルメクチンは新型コロナウイルスの治療薬としてだけでなく、私に光を与えてくれています。

アビガンについては、色々と思うところがありますが、もう、大村教授が降臨したので、私の世界から、その存在そのものが消えました。

このイベルメクチンが、犬猫の虫下しとどこまで関係があるかわかりませんが、この数百円の虫下しが、末期の癌などに効果をあげていて、日本の大学でも研究されていて、癌の世界でも、もう少ししたら明るいニュースが聞けそうです。

今日はうれしくてまたUPしてしまいました。
今の私、うれしくて免疫力超Upしてるかも!

それにしても、アビガンとイベルメクチンの対比を見てもわかるように
やはり、日本に、光があれば、闇もある、ここは、エデンの園があった場所だからね!

イベルメクチンが早く、新型コロナウイルスの治療薬として、苦しんでいる方々の元に届きますように!アーメン!

それではまたね、バイバイ!

奇しくも、
1年前の2019/5/6に私が書いたブログです(*^-^*)
『犬猫の虫下しで人の癌が消えた?』
 https://shionoyama.com/musikudasi/

【第2類医薬品】パモキサン錠 6錠

【第2類医薬品】パモキサン錠 6錠

  • 佐藤製薬
  • 価格¥661(2020/05/06 20:56時点)
  • 発売日1992/03/01
  • 商品ランキング607位

ハーブの虫下しヨモギ茶

自然健康社 国産よもぎ新芽粉末 2g×100本 スティック包装

自然健康社 国産よもぎ新芽粉末 2g×100本 スティック包装

  • 自然健康社
  • 価格¥5,724(2020/05/06 20:56時点)