kiseki-cross-no.1
ーインターネットからー

多田冬彦 
アビガンの早期投与で得られるらしい、もう一つの効果について

https://twitter.com/Utzsugi_R/status/1241821840139374592

で うつぎれい 氏が、3/22の連続ツイートで興味深いことを指摘してます。

拡散希望とのことなので、そのまま転載します。 以下、転載。

アビガンの使用が重要なのは、それが初期感染者にも使われると、感染した細胞内での「新型コロナウィルスの増殖」が阻害されて抑え込まれるだけではなく、その「増殖出来なくなったウィルス」が、云わば「天然のワクチン」の如く「細胞内で抗体を生成させる無毒化抗原」として作用するだろう点である。

そう考えるとアビガンが「色々なウィルスに効く」ことの本質は、アビガンが増殖を止めるから…というよりは、増殖を止めることで「身体が抗体を作れる条件と時間を与える」から、つまりアビガンが「体細胞本来の免疫を援護し介添えする」から…だとも解釈出来る。

アビガンが侵入した敵を足止めし、体内免疫が身動き出来なくなった敵を一つ一つ討ち果たして細胞内から駆逐するのである。
アビガンは既に侵入してしまってるウィルスを駆逐するような薬ではないので、そのように考えないと「重傷者にもアビガンが劇的に効いてる」ことの説明が付きにくい。

ー 以上 インターネットからー
f521c5b8
インターネット上の記事から
医学界より緊急提言:「今こそ、ファビピラビル(アビガン)の使用を解禁すべき!」

14_20200328023701

【識者の眼】「COVID-19流行は緊急事態─今こそ、ファビピラビル(アビガン®)の使用を解禁すべき」菅谷憲夫
登録日: 2020-03-27
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14325

(まとめより抜粋)

Engineering誌の論文により、COVID-19に対して、ファビピラビルの臨床効果、死亡防止効果、抗ウイルス効果(ウイルス排出の減少)は明らかである。COVID-19流行は日本の緊急事態であり、現状のままPCR検査も実施せずに、抗ウイルス薬治療もしないままであれば、いわゆる医療崩壊が起きて、多くの日本国民が死亡する危機が迫っている。高齢者やハイリスク患者では、ファビピラビルによる治療を早急に解禁すべきである。なぜなら、日本には200万人分のインフルエンザ治療量が備蓄されているからである。催奇形性の副作用も高齢者であれば問題ないし、周囲への感染防止効果も期待される。ファビピラビルはインフルエンザでは有効性が確立しているが、COVID-19では、Engineering誌の論文しかない。しかし緊急事態であり、治験の結果を待つことで死亡者を出してはならない。広くファビピラビル治療を実施しながら、有効性、安全性を確認する体制づくりが必要である。

さらに、COVID-19では高い院内感染率が報告され、医療従事者が重症化して死亡することもあり、医療従事者は重要なハイリスク群である。医療従事者のファビピラビル早期治療はCOVID-19対策として、特に重要である。 

菅谷憲夫(神奈川県警友会けいゆう病院感染制御センターセンター長・小児科、慶應義塾大学医学部客員教授、WHO重症インフルエンザガイドライン委員)[新型コロナウイルス感染症(COVID-19)]

(抜粋)

Engineering誌の論文

その結果、ウイルス消失時間は、ファビピラビル群は4日(2.5~9日)、ロピナビル・リトナビル群は11日(8~13日)で、ファビピラビル治療により、上気道のウイルス陽性期間は有意に短縮した(P<0.001)。胸部CT所見改善は、ファビピラビル群は91.4%、ロピナビル・リトナビル群は62.2%で、やはり有意差が見られた(P=0.004)。副作用もファビピラビル群が、ロピナビル・リトナビル群に比べて少なかった(11.4% vs 55.6%, P<0.001)。本試験は、ファビピラビルの早期投与の臨床効果とともに、明らかな抗ウイルス作用を証明していることに価値がある。

(抜粋)

ファビピラビル(アビガン®)、催奇形性以外の副作用は少ない

ファビピラビルは、副作用が強いから使用すべきではないと一般に考えられているが、催奇形性を除けば重大な副作用はない。慎重投与として、痛風または痛風の既往歴のある患者および高尿酸血症のある患者では、血中尿酸値が上昇し、症状悪化のおそれはある。一方、Engineering誌の論文では、インフルエンザの約2倍以上の期間、治療が実施されたが、明らかな副作用はなかった。

けいゆう病院感染制御センター長で、慶応大学客員教授にして、WHO委員の菅谷憲夫先生が、「さっさと、アビガンを臨床で使え!」と正論!それでも、沈黙を続けるつもりか、安倍テロリスト晋三人間のクズ!
ー 以上 ー
ー インターネットから ー

akuma-13a
akuma-17-777-aki

Ave Ave Ave Maria Ave Crux
ー 以下 インターネット上から ー

コロナウイルスは
アビガンが
効果あり !!!!!!!

最悪の国賊
安倍 某が

200 万人分 備蓄している 
アビガンの使用を
意図的に !!! 抑えて !!!
アビガンで !!!
救える命を !!!
見殺しに !!!!!!!
させています !!!!!!!
俗世のマスコミも グルで 
アビガンの効果を 報道しない姿勢です
俗世の ミーチャン ハーチャン達よ !!!
いいかげんに 目覚めよ !!!!!!!

志村さんの治療について。


14_20200328023701

志村けんさんの治療には、アビガンではなくレムデシビルが使われていたとの情報があります。

レムデシビルは、札付き国立感染症研究所が一押しする薬剤ですので、あまり期待できません。特効薬ではないから、感染研が押していると見ます。

けんさん、現在は、ECMOでかろうじて生命維持をしているようですが、心配です。

けんさんになにかあれば、国民には大きな「衝撃」となります。衝撃を与えるために、バイオテロ部隊があえておかしなことをしないといいのですが。

肺炎が進むと自己免疫反応でインターロイキン6が産生されて肺の細胞を傷つける。これが致命傷になると理解しています。だから、中国では、インターロイキン6阻害剤であるリウマチ薬のトシリズマブ(阪大+中外製薬)がアビガンと併用されている。その成果は出ていると思います。昨日の中国の新型コロナ死者は5人です。一方、イタリアの26日の死者数は662人です。

日本では、トシリズマブが治療に使われている形跡がありません。日本は、先に多くを経験した中国の知見に学ぶべきです。志村さんの治療にも。


紹介者  注 
現在の薬では
アビガンが
最も有効のようです
天の恩寵の賜物 !!!
真正の手紙の写しは
邪悪の極致の !!!
生物兵器
コロナウイルス
撥ね付け !!!  
寄せ付けません
さらに
天の恩寵の賜物
聖心の油 は !!!  
人間の霊魂と
肉体の双方を
癒し !!!
治してくれます
これらの
天の恩寵の
超貴重な賜物は
天の波動で
貴方を護ります !!!!!!!
Ave Ave Ave Maria
Ave Crux
hamanasu-1-raphachan-
以下 あるサイトから
28人の新型コロナ患者を治療した
札幌市立病院の治療法は....「アビガン」
国民が知りたいのは..... 
「抗インフルエンザ薬の
アビガンが効いていることが多い。」
という事実です!
一人の転院患者の例外を除いては、
28人がアビガン治療で
回復しているという意味ですよね。
なぜ、安倍政権は、
アビガンを治療法の中心に据えて、
一気に
ウイルス禍を解決しようとしないのか、
国民は疑問を持ち始めています。
安倍一味の正体が発覚する「工程」を
これから見学できそうで、
ワクワクドキドキです!
 <北海道>新型コロナ患者28人治療 
市立札幌病院院長が語る
1月に道内最初の
新型コロナウイルスの患者を受け入れた
市立札幌病院。
現在も10人の感染者が入院していますが、
病院の院長が
HTBの単独取材に応じました。
市立札幌病院・向井正也院長
「感染症内科の医師は
ほぼ不眠不休で働いて、
約1カ月半、2カ月近く経つが
かなり負担は大きいかなと」
道内最大規模の感染症指定医療機関で、
これまでに
28人の患者を受け入れています。
向井院長
「(発症から)1週間ほど経ってから
急に悪くなる方がる。
細菌性肺炎のように
ベタっとした影ではなくてやや淡い陰影で、
胸膜という
肺の外側に近いところで主に起こる。
両側性(両肺)に起こるのが特徴。
酸素が吸収できなくなり、
息が極めて苦しくなる」
確立された治療法がない中、
市立札幌病院では
抗インフルエンザ薬の「アビガン」や
ぜんそくの治療薬「オルベスコ」、
抗HIV薬の「カレトラ」など
別の感染症などに使われる薬を
患者に投与しています。
向井院長
「抗インフルエンザ薬のアビガンが
効いていることが多い。
軽症の方だとオルベスコの吸入薬。
保険外使用という形になるので、
患者の同意をいただいたうえで
使っている。」
3月、70代の男性が死亡しました。
重度の呼吸不全の状態で
転院してきましたが、
オルベスコやカレトラを投与しても
症状は改善しなかったということです。
向井院長
「かなり高齢の方だったので
効果がなかった。
その方はICUで亡くなったが、
そのときは
隣の部屋が空いてたので、
(家族の方々には)
ガラス越しにお会いいただいた。
遺体の表面にも
ウイルスが残ってると思うので
触ったりするとうつる可能性があり、
なかなか触れることはできない。
特別なご遺体入れる
感染しないような袋に
入れさせてもらい、
顔は見られるが、
そのような形で
葬儀社のほうに
引き取っていただいた。」
向井院長は
道内での感染拡大を防ぐためには
思い切った手段も
必要ではないかと話します。
向井院長
「他(道外)から来た人は
2週間隔離するとか、
そういうようなことができれば、
北海道の感染については
かなりコントロールできるのでは。
かなり収束に向かえるのではと
期待している」kiseki-cross-no.1
Ave Ave Ave Maria Ave Crux
新型コロナ禍は、
安倍一味らによる
生物兵器攻撃です。

89451859_2637108416536316_50175880015894

新型コロナ禍は、
安倍一味らによる生物兵器攻撃です。

中国が、アビガンを治験して
新型コロナの治療薬として認証し、
正式に採用して
既に臨床現場に投入している。
イタリアが
アビガンの治験を始めた。
イランは、
日本政府と
「アビガンの無償提供を受ける」
ことで合意した。
だが、日本では
一切報道されない。
インドネシアが、
アビガンの
最初のロットを手に入れた。
台湾が
アビガンの輸入を決定した。
タイが
アビガンの採用を決めた。
ロシアは、
4月より
アビガン同等品の
生産を開始する。

さて、日本は?

国立国際医療研究センターや
藤田医大などで
アビガンを
2か月前から
検証しているはずだが、
なんら、
結果が報告されていない。
札幌市立病院で
アビガンが
28人の患者に投与されて
良好な治療効果を
示したという
単発記事以外、
何も情報がない。

つまり、
日本には特殊な事情があり、
安倍政権は
アビガンを
「闇に葬る」方向で
調整中です。

日本の安倍政権は、
今回のウイルステロを
「主催」したDeepStateの
構成員です、
よって、
新型コロナウイルスの
「パンデミック化」を
請け負い、
ダイアモンド・プリンセス号にて
感染者を「培養」したうえで
下船させ、
世界50か国に
新型コロナウイルスを
持ち帰らせるという
テロリストの任務を
果たしました。

しかし、
中国が
アビガンという特効薬に
目をつけ、
いちはやく
新型コロナの治療に
採用してしまったことは、
安倍政権と
背後のDeepStateには
大きな誤算でした。
アビガンが
広く採用されれば、
新型コロナウイルス騒ぎは、
短期間に鎮静化されてしまう。
そうなれば、
コロナ騒ぎから
世界を経済恐慌に誘導し、
最終的には
中国を戦争に引き込んで
「中国の経済覇権」を
崩壊させるという
「最終目的」が
達成できない。

そこで、
少なくとも日本では
アビガンの有用性を
必死に
隠蔽しようと
安倍一味と
マスコミが
共謀している。
米国も、
本来、ペンタゴンが
アビガンの技術を
十分把握している
はずなのに
アビガンには目を向けない。
トランプ氏に
アビガンの情報が
届かないように
ブロックしている
模様です。

WHOは、
4種の新薬候補の治験を
行うと発表しましたが、
アビガンは
含まれていない。
中国の治験の結果を
わざと無視している。
WHOもまた、
DeepStateの傘下にあり、
ウイルステロの
共犯者だということです。

以上、今、
世界で起きていることを
解説しました。
「そんな馬鹿なことがあるかー」と
罵倒していただいて結構です。
時間の経過とともに、
何が真実であるかは
馬鹿でも
わかるようになりますから。 
リチャード・コシミズ (richardthekoshimizu@gmail.com)