f521c5b8
「The Miracle Cross above Mt.Fuji 」

ー 以下 インターネット上から ー

コロナウイルスは
アビガンが
効果あり !!!!!!!


最悪の国賊
安倍 某が


200 万人分 備蓄している

アビガンの使用を

意図的に !!! 抑えて !!!

アビガンで !!!

救える命を !!!

見殺しに !!!!!!!

させています !!!!!!!

俗世のマスコミも グルで

アビガンの効果を 報道しない姿勢です

俗世の ミーチャン ハーチャン達よ !!!

いいかげんに 目覚めよ !!!!!!!

Ave Ave Ave Maria Ave Crux

以下 あるサイトから

28人の新型コロナ患者を治療した

札幌市立病院の治療法は....「アビガン」

国民が知りたいのは..... 

「抗インフルエンザ薬の

アビガンが効いていることが多い。」

という事実です!

一人の転院患者の例外を除いては、

28人がアビガン治療で

回復しているという意味ですよね。

なぜ、安倍政権は、

アビガンを治療法の中心に据えて、

一気に

ウイルス禍を解決しようとしないのか、

国民は疑問を持ち始めています。

安倍一味の正体が発覚する「工程」を

これから見学できそうで、

ワクワクドキドキです!



<北海道>新型コロナ患者28人治療 

市立札幌病院院長が語る

1月に道内最初の

新型コロナウイルスの患者を受け入れた

市立札幌病院。

現在も10人の感染者が入院していますが、

病院の院長が

HTBの単独取材に応じました。

市立札幌病院・向井正也院長

「感染症内科の医師は

ほぼ不眠不休で働いて、

約1カ月半、2カ月近く経つが

かなり負担は大きいかなと」

道内最大規模の感染症指定医療機関で、

これまでに

28人の患者を受け入れています。

向井院長

「(発症から)1週間ほど経ってから

急に悪くなる方がる。

細菌性肺炎のように

ベタっとした影ではなくてやや淡い陰影で、

胸膜という

肺の外側に近いところで主に起こる。

両側性(両肺)に起こるのが特徴。

酸素が吸収できなくなり、

息が極めて苦しくなる」

確立された治療法がない中、

市立札幌病院では

抗インフルエンザ薬の「アビガン」や

ぜんそくの治療薬「オルベスコ」、

抗HIV薬の「カレトラ」など

別の感染症などに使われる薬を

患者に投与しています。

向井院長

「抗インフルエンザ薬のアビガンが

効いていることが多い。

軽症の方だとオルベスコの吸入薬。

保険外使用という形になるので、

患者の同意をいただいたうえで

使っている。」

3月、70代の男性が死亡しました。

重度の呼吸不全の状態で

転院してきましたが、

オルベスコやカレトラを投与しても

症状は改善しなかったということです。

向井院長

「かなり高齢の方だったので

効果がなかった。

その方はICUで亡くなったが、

そのときは

隣の部屋が空いてたので、

(家族の方々には)

ガラス越しにお会いいただいた。

遺体の表面にも

ウイルスが残ってると思うので

触ったりするとうつる可能性があり、

なかなか触れることはできない。

特別なご遺体入れる

感染しないような袋に

入れさせてもらい、

顔は見られるが、

そのような形で

葬儀社のほうに

引き取っていただいた。」

向井院長は

道内での感染拡大を防ぐためには

思い切った手段も

必要ではないかと話します。

向井院長

「他(道外)から来た人は

2週間隔離するとか、

そういうようなことができれば、

北海道の感染については

かなりコントロールできるのでは。

かなり収束に向かえるのではと

期待している」


ー 以上 インターネット上の記事から ー

kiseki-cross-no.1
Ave Ave Ave Maria Ave Crux
ー インターネット上の記事から ー 
新型コロナ禍は、
安倍一味らによる
生物兵器攻撃です。

89451859_2637108416536316_50175880015894

新型コロナ禍は、
安倍一味らによる生物兵器攻撃です。

中国が、アビガンを治験して
新型コロナの治療薬として認証し、
正式に採用して
既に臨床現場に投入している。
イタリアが
アビガンの治験を始めた。
イランは、
日本政府と
「アビガンの無償提供を受ける」
ことで合意した。
だが、日本では
一切報道されない。
インドネシアが、
アビガンの
最初のロットを手に入れた。
台湾が
アビガンの輸入を決定した。
タイが
アビガンの採用を決めた。
ロシアは、
4月より
アビガン同等品の
生産を開始する。

さて、日本は?

国立国際医療研究センターや
藤田医大などで
アビガンを
2か月前から
検証しているはずだが、
なんら、
結果が報告されていない。
札幌市立病院で
アビガンが
28人の患者に投与されて
良好な治療効果を
示したという
単発記事以外、
何も情報がない。

つまり、
日本には特殊な事情があり、
安倍政権は
アビガンを
「闇に葬る」方向で
調整中です。

日本の安倍政権は、
今回のウイルステロを
「主催」したDeepStateの
構成員です、
よって、
新型コロナウイルスの
「パンデミック化」を
請け負い、
ダイアモンド・プリンセス号にて
感染者を「培養」したうえで
下船させ、
世界50か国に
新型コロナウイルスを
持ち帰らせるという
テロリストの任務を
果たしました。

しかし、
中国が
アビガンという特効薬に
目をつけ、
いちはやく
新型コロナの治療に
採用してしまったことは、
安倍政権と
背後のDeepStateには
大きな誤算でした。
アビガンが
広く採用されれば、
新型コロナウイルス騒ぎは、
短期間に鎮静化されてしまう。
そうなれば、
コロナ騒ぎから
世界を経済恐慌に誘導し、
最終的には
中国を戦争に引き込んで
「中国の経済覇権」を
崩壊させるという
「最終目的」が
達成できない。

そこで、
少なくとも日本では
アビガンの有用性を
必死に
隠蔽しようと
安倍一味と
マスコミが
共謀している。
米国も、
本来、ペンタゴンが
アビガンの技術を
十分把握している
はずなのに
アビガンには目を向けない。
トランプ氏に
アビガンの情報が
届かないように
ブロックしている
模様です。

WHOは、
4種の新薬候補の治験を
行うと発表しましたが、
アビガンは
含まれていない。
中国の治験の結果を
わざと無視している。
WHOもまた、
DeepStateの傘下にあり、
ウイルステロの
共犯者だということです。

以上、今、
世界で起きていることを
解説しました。
「そんな馬鹿なことがあるかー」と
罵倒していただいて結構です。
時間の経過とともに、
何が真実であるかは
馬鹿でも
わかるようになりますから。 
リチャード・コシミズ (richardthekoshimizu@gmail.com)