ー ラファちゃんの 記 録 庫 ー

8 月の 朝の墓地ー四国中央市 村松墓地 1978 年

・・・・・・・ 現在 ・・・・・・・
・・・ 黙示録の時が 進んだ 末世の状況を 考慮し ・・・
・・・ 救われるべき 日本人の為に ・・・
・・・ ガン等を 本当に 癒し 治し 救われるための ・・・
・・・ 画期的な 健 康 回 復 教 室 を 始めています ・・・
・・・ ガンを治し 霊魂も 肉体も 救われたい人は ・・・
・・・ 電話にて お問い合わせください ・・・
・・・ 詳細を 説明します !!! ・・・

ガンなどの方も 御相談ください !!! ・・・
・・・ ほとんどの人は 治りますよ ・・・


ソマチット仙骨療法のロザリオ社の活動は
永い人生を賭けた 多方面にわたる内容です
2 0 才代の 若かりし頃から 7 0 才 の 現在に至るまで
折々に 活動した内容が すべて 血となり 肉となって 反映され
俗世から 抜け出した 内容が 多々あります
日本人の俗物からは 理解されないであろう 内容も ありますが
すべて 真実の内容です !!!!!!!

・・・ ことに 霊的無知 霊的盲目 霊的錯誤 の 状態におかれた !!! ・・・
・・・ 大半の日本人には 理解されない側面が ありますが ・・・
・・・ 今後の 黙示録の艱難の時を 救われて !!! ・・・
・・・ 霊魂 肉体 ともに すこやかに 生き抜く !!! ・・・
・・・ 幸いな日本人には 是非とも 知ってほしい内容です !!! ・・・

・・・ なぜなら 救われるべき日本人に 欠かせない !!! ・・・
・・・ 情報と品物が 内包された記事だからです !!!!!!! ・・・

あなたが これらの情報と品物を
天の恩寵によって 与えられる
幸いな 救われる 日本人の ひとりで ありますように !!!!!!!

ソマチット仙骨療法のロザリオ社の住所です
郵便番号 7 9 1 -- 8 0 2 5
松山市 衣 山 4 丁目 6 5 8 ー2 長戸 第 2 ビル 5 0 6 号
主宰 M M R 横 尾 章 信 ( 愛称 ラファちゃん )
電話番号は
0 8 0 ー 9 8 3 7 ー 1 7 0 7 です


Ave Ave Ave Maria Ave Crux

新型肺炎、潜伏期感染2人に1人 急拡大の一因か、北大推計
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)© KYODONEWS 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスによる肺炎患者の2人に1人以上は、症状が出ていない潜伏期間中の人から感染した可能性があるとの推計を、西浦博・北海道大教授(感染症疫学)らのチームが8日までにまとめた。

 潜伏期間中の感染を防ぐのは実質的に困難であるため、これが世界で感染が急速に拡大した一因とみられるという。チームは隔離による封じ込めは難しいとして、医療態勢の充実に重点を移すべきだとしている。

 推計は、中国、タイ、米国など6カ国の政府機関が発表した「人から人へ」の感染例計26組(52人分)を分析。いずれも1人目の患者と2人目の患者の経過が判明しているデータを使用した。

 

中国の新型肺炎、イスラエルで「生物兵器の可能性」指摘される

写真:新華社/アフロ

 新型コロナウイルスの感染者が6000名を超え、2002年から2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の患者数を超えた。発症者の大半が中国内ということもあり、海外メディアの報道はまだそれほど過熱したものではない。時系列で情報をまとめながら、分析を続けている感じだ。

 武漢から脱出するチャーター機の対応はアメリカや日本が早かった。日本のチャーター機では搭乗前に発症者はいなかったが、日本に到着後5名が病院へ搬送された。この報道を受け、一般空港へ到着予定だったアメリカのチャーター機は、到着先を米軍基地に変更している。

 フィリピンではウイルススクリーニング検査の技術が足りないため、日本から専門家が派遣されるという。

 また、中国ではすでに新型コロナウイルスの培養に成功し、世界保健機関(WHO)と情報を共有しているが、1月28日には、オーストラリアも培養に成功したという。これにより、ワクチンの早期開発につながる可能性がある。

 そんななか、アメリカ、オーストラリア、イスラエルなど複数の国のメディアが報じているのが、今回のウイルスが武漢にある研究所が発生源ではないかという疑惑である。

 武漢には最新鋭のウイルス研究所「武漢国家生物安全実験室」があり、SARSやエボラの菌を所有している。細菌やウイルスなどの微生物・病原体を取り扱う施設では最高ランクのBSL-4に対応した中国唯一の研究機関。今回の騒動の発端とされている動物市場からは30キロほどの距離だという。

 イギリスの科学雑誌『ネイチャー』ウェブ版(2017年2月22日)によると、中国は過去にSARSウイルスを何度か流出させているという。そのため、この施設も稼働前からリスクを警告されていた。

 また、イスラエルの『ビホールド イスラエル』(1月25日)によれば、バル=イラン大学の生物兵器の専門家は、この研究所を「おそらく生物兵器の研究に関与している」としたうえで、新型肺炎との関係を疑っている。

 この件に関して中国側からの発言はない(中国は細菌兵器の存在も否定している)。

 死者が100名を超え、いまだ特効薬のない現段階では、原因究明より拡大を抑えることの方が重要だ。だが、生物兵器との疑惑は、今後、再燃する可能性がある。

外部サイト



インフル・エイズ治療薬で回復=タイで新型肺炎患者に投与

 【バンコク時事】タイ保健省は2日、新型コロナウイルスによる重症の肺炎患者にインフルエンザ治療薬と抗エイズウイルス(HIV)薬を組み合わせて投与したところ、症状が急速に改善したと発表した。

 治療に当たった医師によると、10日にわたって症状が悪化し続けていた中国人女性(71)に投与した。熱が下がり、食欲が回復。48時間以内にコロナウイルスが消えた。 



新型ウイルス患者、インフル・エイズ薬混合で劇的回復 タイ保健省発表
タイ・バンコクの列車の駅で、新型ウイルスに関するポスターの前を通るマスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。© Romeo GACAD / AFP タイ・バンコクの列車の駅で、新型ウイルスに関するポスターの前を通るマスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。

【AFP=時事】タイ保健省は2日、新型コロナウイルスに感染した中国人女性(71)に、インフルエンザとエイズウイルス(HIV)の治療に使われる抗ウイルス剤を混合して投与したところ、症状の劇的な改善が見られたと発表した。

 医師のKriengsak Attipornwanich氏は保健省の定例記者会見で、医師らがこの中国人女性患者にこれらの混合した薬を投与したところ、48時間後の同ウイルスの検査で陰性となったと発表。「陽性だったコロナウイルスの検査結果が48時間で陰性になった」「患者は消耗していた状態から、12時間後にはベッドで起き上がれるようになった」と述べた。

タイ・バンコクの列車内で、マスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。© Romeo GACAD / AFP タイ・バンコクの列車内で、マスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。

 新型コロナウイルスをめぐっては、中国での死者が300人を超える中、フィリピンで2日、ウイルスに感染していた中国人男性(44)が死亡し、中国国外での初の死者が出た。

 中国中部・湖北(Hubei)省の武漢(Wuhan)で発生したとされる同ウイルスについて、タイではこれまで19人の感染が確認され、中国以外の感染者数としては、日本の20人に次いで2番目に多い。タイの感染者では患者8人がすでに回復して退院、11人が入院している。

タイ・バンコクの列車の駅で、マスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。© Romeo GACAD / AFP タイ・バンコクの列車の駅で、マスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。

【翻訳編集】AFPBB News

タイ・バンコクの列車の駅で、新型ウイルスに関するポスターの前を通るマスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。© Romeo GACAD / AFP タイ・バンコクの列車の駅で、新型ウイルスに関するポスターの前を通るマスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。 タイ・バンコクの列車の駅で、マスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。© Romeo GACAD / AFP タイ・バンコクの列車の駅で、マスクを着けた乗客(2020年2月1日撮影)。

中国「新型肺炎、飛沫・接触のほかエアロゾル通じた感染可能」

上海民政局市の曽群副局長。[CCTVキャプチャー]

写真拡大

新型コロナウイルによる肺炎が飛沫や接触だけでなくエアロゾル(空気中に浮遊する微粒子)形態でも感染するという主張が中国から出た。

中国メディアの澎湃によると上海市民政局の曽群副局長は8日の記者会見で衛生防疫専門家の意見として「現在の確定的な新型肺炎感染主要経路は『直接感染』『エアロゾル感染』『接触を通じた感染』と判断される」と明らかにした。

特に曽副局長は「エアロゾル感染は飛沫が空気中で混ざり合ってエアロゾルを形成し、これを吸入して感染するもの」と説明した。

続けて予防と関連し、「一切の社会活動関連の会合を取り消すべき。新型肺炎状況が激しい地域の知人や友人が訪ねてこようとする場合には止めるべきで、窓を開け頻繁に換気すべき」と話した。

また「ドアノブや机とイス、便座などを75%のエタノールなどでふいて消毒すべき。手をきれいに洗い、せきをする時に口と鼻をふさぐなど個人衛生も徹底しなければならない」と呼び掛けた。

その上で、「空気・接触を通じた感染を避けなければならない。疑われる患者の分泌物との接触を避け、個人生活用品を一緒に使ってはならない。握手やハグなども避けるべき」と付け加えた。


コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

↑このページのトップヘ